« 2007年9月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.01.16

ただいま

秋に先生が帰ってきてから・・

特に最近は

日付が変わらないうちに家に帰るのが目標。

だがいつもぎりぎりだなぁ・・。

今日も。

食や睡眠がおろそかになる(;人;)

気をつけます(;人;)

今日は先生と

★こないだ行った心理検査の結果

★毎週担当している院講義の振り返りと打ち合わせ

★英訳

★就職のこと

★きょうだい支援の会立ち上げについて

・・・・・なんだかんだ色々はなしているとあっという間に3時間くらい経っててびっくり。

火曜日は一番どっと疲れるのです。

日中は学部授業の手伝い

午後は心理検査のフィードバックto保護者。

夜間は院の講義を担当(後期から・・なぜに私がってかんじだけど(>_<))

講義が終わったら先生と振り返りやらなにやら・・

なのにこれを書いてるのは

吐き出し口がないからなんだろーな。はは

だめだこれわ。重いねえ。

でもちょっと先がみえたこともあったから

がんばらないと。

宇都宮に来た意味ないもの。

がんばるしかない。

| コメント (0)

2008.01.13

こんやは

久々の宿直です。

やっぱ

いやされる‥(;人;)

本当にここの通勤寮のみなさんは素敵なんです!!

「かとーさんソースつけるっぺぇ?」

「なぁにひさびさじゃねぇのぉ〜げんきにしとったん?」

「お久しぶりです。新年明けましておめでとうございます。今年もなにとぞよろしくお願いいたします」

「あ~もう便秘などで薬まみれだがよ」

「明日でお別れする上司のひとに手紙書きたいのでかとーさん書き方後で絶対教えてください。」
「ちょっと大事なことで‥(職員室から廊下に呼び出される)あした実家に日帰りするので朝お金くだせぇ。」

「ねぇこ(猫)のエサ忘れとったが」

素敵な栃木なまり(ここの寮は宇都宮から30分ほど南にいった壬生という町にあり、なまりがあります)で

たくさんいろんな言葉をかけてくれる

近況を教えてくれる

伝えてくれる

そんなひとたちに囲まれている瞬間が

とてつもなく

幸せです

やっぱり自分にとっての天職(自分でいうのもなんだけど)だと思い返せる場所

大切にしたいです

| コメント (0)

2008.01.11

こどもたちへのメッセージ

きのうはへこたれて

新年早々いろいろ書いちゃったけど

がんばります!!

どんなことがあったって

前向いて生きてくしかないもんね

今日は久しぶりに自立援助ホームにいった。

2ヶ月ぶり。

ホームを出てひとり暮らしをする場所を探していた

あの子が無事12月ホームの近くのアパートで

ひとり暮らしをはじめたとのこと

すごく安心した

「○の家(ホームの名前)を出てはじめて

○の家の子になる子がほとんど」

ホーム長の奥さんのMさんが言った

どんなに裏切られても

私たちはあなたを裏切らないって

戻ってこられる場所だって

信じていい大人だってメッセージを

伝えつづけて・・

送りつづけて・・

それに気付いてもらえるまで

それに気付いてもらってからも

ずっっと まっすぐ

子どもたちを思いつづける

ホーム長と奥さん、スタッフの人の

思いに 姿勢に

今日も なんだか 衝撃をうけたよ

自分にできることを

出来る限りやって

生きていこうっと

それが自分の生きたい生き方のひとつだな。

ホーム長と奥さん、スタッフの人たち・・・

手が届かない域にいる

どこまでもあたたかい人たちです

「またきてね」

「いつでも待ってるよ」

そういってもらえることの幸せ

忘れないでいようっと。

| コメント (0)

2008.01.10

これから

2008年 あけましておめでとうございます

今年もどうぞ m@U をよろしくですm(__)m

2007年は 家族 のことについてたくさん考えた年でした

自分の家族だけじゃなくて

「家族」そのものについてを

人間のベースは家族なんだね

信じられる場所

愛される場所

居場所

認められる場所

ありのままでいられる場所

ここが生きるためのベースでなければ

積み重ねられるものも積み重ねていけないね

このベースが歪み、

このベースを信じられず、

受け容れられず生きている子どもたちに

多く出会った

そんな人に影響を受けた人たちに

多く出会った

すごく大切なことを学ばせてもらった1年だった

2008年

新年があけてから なんだか緊張感が抜けない

これからのこととちゃんと向き合わなきゃならない年。歳。

自分が選択した道で色々やらせてもらってきた

しっかり形にしたい

反面

やりたいことと これからの生活を考えたとき

方向性がぼやけてくる

自分がやりたいことをやればいい

私を支えてくれる人はみんな応援してくれてる

でも いろんなことを考えると近くにいたい

自分がやりたいことで環境が揃っている職場がいっこある

でも 全国転勤が絶対条件。

今の私にはそれを選択することが出来ない

これまで色々やりたいことをやらせてもらってきた中で

色々なことを達成することができた

色々なことに挑戦する機会にも恵まれた

すばらしい人との出会いも得ることが出来た

でも 何かが足りない

大学を卒業してから

ただ ひたすら

今 しかできないこと を

無我夢中にやってきた

でも

何かが足りないんだ

自分と向き合って いやんなるくらい考えて

何が足りないのか

何を求めているのか

結論が出た

この結論をちゃんと現実にぶつけて

前に進まないと

将来のことも考えられない自分が今ここにいる

どれだけ大切なのか

かけがえないのか

2年間 いたいほど感じてきた

何度も泣いた

何度も祈った

この気持ちは本物だと思う

自分に正直に生きつづけることが

どんなにつらく 苦しいことかを知った

空想の中で向き合うことは そんなに苦しくない

相手が私の現実に存在して

それと向き合うことになったときが

一番こわい

もうそろそろ

その時が 近づいている

逃げない

そう 決めたけど

やっぱりこわい

こわいね・・

ひとりぐらしをして

自分を見つめる時間が多くなり

気付けたことがたくさんある

自分の傲慢さ

我儘さ

貪欲さ

少しはできるところ

自信がもてるようになったところ

色々ある

そんな中で

昔を振り返ると

どんなに恵まれていたのか

幸せだったのか(今も十分幸せなのだけど、)

実感する

後から気付く優しさはつらいね

この優しさに

どんなに応えたいと思っても

向こうがみえない

見通しが立たない中で

気持ちだけ育まれてく

ほんとにつらいや

なんかもういいやって思えたら

どんなに楽なんだろう

どうしてそう思えないんだろう

何かのせいにできたら

どんなに楽だろう

くるしいなぁ やっぱり

でも どうしなきゃいけないか

自分がどうしたいかわかってる

信じられるのは

いつだって

自分だけ

とにかく今はがんばらなきゃ

今はとにかく

逃げないことに必死

どうにか 心を真っ直ぐに立たせていることに必死

気がつくと考えてしまうから

無理して忙しくしてる日もある

家に帰ると 無気力

忙しいほうがいい

疲れて眠れたほうがいい

そんな毎日

これからどうなっていくのだろう

いつになったら

この空は

晴れるのかな

明日には

一週間後には

一ヵ月後には

春には

光がみえますように

| コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年3月 »