« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.08.22

ソフトボール

日本女子ソフト金メダル〓

久々絶叫大興奮感動‥
騒ぎすぎて喉が痛い〓

上野さん、日本女子ソフトボールの選手のみなさん‥〓〓

本当にすごすぎる(;人;)本当に本当に感動をありがとうって心からいいたいよ。

そして今年のオリンピックを通じて、改めて加藤家のスポーツ好き(やるより見る)を実感。


今度初給料で〓
何かの観戦に招待したいな‥

| コメント (0)

2008.08.19

タモリさんの弔辞

赤塚不二夫さんの告別式で読まれたタモリさんの弔辞に感動した人、きっとたくさんいると思う。私もその一人。

「あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せるあの底抜けに無邪気な笑顔は、はるか年下の弟のようでもありました。」

「あなたは生活すべてがギャグでした。・・・あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。」

「あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と。」

「あなたにとって死も1つのギャグなのかもしれません。」

「私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。」

「しかし、今、お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。」

「私もあなたの数多くの作品の1つです。」

| コメント (0)

2008.08.18

きょうだいとして

6月に大学のときにお世話になったボランティアグループの代表さんが所属している団体主催の連続講座で

「発達障害者のきょうだいとして」

お話しさせていただき

その講演録が冊子にのりました。

出版社から20冊いただいたよbook

本当に貴重な機会に感謝・・

くらしと教育をつなぐWe

2008 8/9月号

http://www.femix.co.jp/publication/we/index.html

私と会ってくれた20名の皆さんに配布中happy01

なんて図にのるわたしです。

| コメント (0)

2008.08.09

報告

宇都宮にきて早2年半が過ぎようとしています

指導教官がアメリカに留学していたことから修了を1年延長し、来春修了予定で、

実家のある東京に戻り就職を考えていて、論文を書きつつ就職活動をしていたのだけど、

先日、何とか無事・・内定をいただきましたhappy01

私を支えてくださっている すべての人の支えのおかげですhappy02

東京で念願の就労支援に携わることができることになって すごくわくわくしています。

業務内容は、T区に在住している障害者の方のアセスメントからフォローアップまで一貫した就労支援と企業主支援の2本柱。

T区は23区でも高齢化率・生活保護受給率ナンバー1ということで福祉的ニーズの高い区のようなのだけど、それゆえ、就労したい意欲をもっていても中々就労に結びつかない状況にある方が多いようです。

地域福祉にどっぷりと浸かりながら、就労支援。

味わいながらがんばりたいと思います。

秋から就職先にて新事業がはじまる関係で、早速来月より仕事がはじまりますrundash

来春までは半身東京、半身栃木になりそうですが、がんばりたいと思います!!

現場に出させてもらえること、本当に幸せに思います。

******************************

それから、今年、発達障害者のきょうだい会を栃木で立ち上げました。

きょうだい会SHAMS ~SHAring Mind of Siblings~
http://sharesib.cocolog-nifty.com/blog/

現在。

発達障害者のきょうだいがいる20名のお子さんに登録をしていただいて、

それ以上のボラさんにも登録していただいて・・

本当に恵まれた環境の中、5、7、8月と無事活動を終えることができましたっ。

子どもらしく、自分らしく生きられるように

家族が家族らしく在ることができるように

ひとりじゃないって思えるように・・・

私が 私自身が

おんなじ立場の子どもたちと出会えて本当に幸せ

一緒に「今」を過ごしていきたいです。

栃木でお世話になった方々への還元の1つとして

細く長くつづけられますように・・・

******************************

東京を離れた2年半の間にも様々な豊かな学びと出会いの機会をいただいたなあと改めて実感。

これから、これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを還元できる方法を見出していきたいです。

| コメント (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »